2015年3月7日土曜日

『セブン‐イレブンのおにぎりは、なぜ、1日400万個売れるのか』の読書感想

セブン‐イレブンのおにぎりは、なぜ、1日400万個売れるのか
セブン‐イレブンのおにぎりは、なぜ、1日400万個売れるのか


一日400万個。

国内店舗数は17,491店ということなので、一店舗あたり228コ。朝昼晩で、それぞれ76コ売れるということですね。

コンスタントにそれだけ売れ続けるということがすごい。

228個×120円=27,360円
×17,491店舗=478,553,760円
×365日=174,672,122,400円

個数で言うと、14.6億個。1.2億人で割ると、日本人一人あたり年間12個。月に一回セブンイレブンのおにぎりを食べているということになる。ローソンファミマ等もあるので、週1ペースでコンビニのおにぎりを食べているという計算か。

セブンイレブン以前は日本人はどれだけおにぎりをたべていたのだろう?家庭でお母さんがにぎったおにぎりを食べる代替になったのか根本的に食べる個数が増えたのか。どっちもだろうか。

セブンイレブンがコンビニ業界ではダントツらしく、とりあえず国内は制覇した印象をうけるけど、まだ世界中に売って行けるような気がするので、どこまでいくのか楽しみ。


(2015/3/10追記)
アマゾンの商品説明の転載は、利用規約違反という指摘をアマゾンからうけたので、削除しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿