2015年1月17日土曜日

『鈴木敏文のセブン-イレブン・ウェイ 日本から世界に広がる「お客さま流」経営 (Japanese Edition)』by 緒方 知行の読書感想

鈴木敏文のセブン‐イレブン・ウェイ 日本から世界に広がる「お客さま流」経営
鈴木敏文のセブン‐イレブン・ウェイ 日本から世界に広がる「お客さま流」経営
とっても勉強になりました。心に刺さった言葉をいくつか。kindleで読んだため、頁は不明。

「我々の最大の競争相手は、同業の他社・他店ではない。変化するお客さまのニーズこそ、最大の競争相手である」  この言葉に、鈴木の考え方のすべてが凝縮されている。世の中の変化に対応・適応できなくなったものは、いかなる過去の強者・覇者といえども滅んでいく。変化対応こそが、商売と経営のすべて
どんどんワガママになっていくお客さまの要求に対して、自分を変えることによって、これを合理的に受け入れられるようにすること、それがイノベーションである
精度の高い発注を担っていくのは、個々の店の顧客接点現場で働く人たちなのである。  



コンビニ業界、どこまで成長するんでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿